FC2ブログ

オリエンテーションの研修

学図研福島支部・1月例会を行いました。
今回は「図書館オリエンテーション」の研修です。
2名の見学者があり、情報交流も行いました。
研修の様子を簡単に紹介いたします。

 *   *   *
1 小学校でのオリエンテーション 
 郡山市内の小学校司書が、例年1年生に読み聞かせしている絵本を読み
 どのように進めているか、また、小学校ならではの工夫やコツについて報告しました。

 例:1年生は、最初に教室で話をして、図書館までの道順をいっしょに歩いて教える。
   (場所を変えることで、小学1年生の集中力を45分間持たせる)
 
2 中学校でのオリエンテーション
 元高校司書が、ボランティアとして中学校で行ったブックトークを実演しました。
 中学1年生対象なので、中学1年生が主人公の本をたくさん読んで、
 その中からお勧めを選んだそうです。

 例:『なりたて中学生』(ひこ田中) 『少年少女飛行倶楽部』(加納朋子) など

 ※ ブックトークをすると、すぐには動かないけれど、
   後から借りられることもあるのでリストも配る。
   中高生には、その場では借りたくない心理も働くので、
   すぐに反応がなくても気にしないこと。
 
 ※ Q:何を選んだらいいか。
   A:対象を意識して範囲を固定せず、高校生でも絵本を入れるなど、
     いろいろとふくらむ。
     基本は、「自分が楽しいこと」。
     紹介した本をまとめた資料を渡しておけば、あとで見ればわかる。

 ※ オリエンテーションの心得などについても教えていただきました。

3 高校でのオリエンテーション
 県内の高校司書が、それぞれ行っているオリエンテーションについて報告しました。

 例:構成は①授業担当者から本に関する話、②利用案内、
   ③蔵書案内、おすすめの本3冊紹介
   おすすめの本の選び方は、
   ①パラパラと気軽に読めるもの 
   ②小説以外のジャンル
   ③後味の爽やかな小説・職業小説・高校生主人公の小説などで構成。
   紹介後に貸し出せるよう6パターンほど決めている。

4 オリエンテーションの準備・注意
  オリエンテーションをする上で、どのように段取りをすればよいか。
  注意することや悩みと解決法について情報交換しました。

  例: ・司書の手前なのか、わざと厳しく指導する先生もいる。
      授業における私語を慎む指導を、図書館でも私語厳禁と
      結び付けないでほしいのだが・・・
     ・自由閲覧を騒いでいい時間と勘違いする生徒

  *   *   *
   
今後の予定   ○全国学図研  ●福島支部会
 ○ 2月3日(土)14時~  川崎市生涯学習プラザ
    全国学図研 研究集会「『専任・専門・正規』の『専任』と『専門』を考える」

 ● 3月3日(土) 福島支部会 研修「除籍について」 
    除籍のしかた、払い出しの基準など

 ● 5月 日時未定 視察・見学 行き先は検討中
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gakutokenfukushima

Author:gakutokenfukushima
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR