第5回公開研修会

2017年11月18日に、福島市で第5回公開研修会を行います。
今回のテーマは、ずばり「選書」!

県立図書館の司書さんと、「科学読み物研究会」の坂口美佳子さんにお話を伺います。

学校司書、教員、学校図書館ボランティアの方などで
選書にお悩みの方、選書について知りたい方、
あるいは、情報交換したい方など、どうぞご参加ください。

チラシはこちら→ チラシ  
お申し込みはFAXかメールで
           メール →g akuto_fukushima@yahoo.co.jp

お申込み、お待ちしております!
スポンサーサイト

2017 支部総会

2017年9月16日、郡山市内で学図研福島支部の総会を行いました。
今年度も、
「楽しいから続く、 学べるから集まりたくなる」
をモットーに活動してまいります!

 ○ 11月18日 公開研修会:「もっと知りたい 科学の本の選び方」 
          選書についての講義と、県立図書館児童室の見学
          講師は科学読み物研究会の方と、児童室の方です。
          詳細は後日お知らせします。

 ○ 1月 実習:オリエンテーションあれこれ         
       絵本の読み聞かせ、ブックトーク、しおり、何を伝えるか、何を言わなくてはならないか、司書の役割など
       
 ○ 3月 研修:除籍                    
      それぞれの職場で悩みの現物・写真・リストなどを持ち寄りましょう。

 ○ 5月 見学:詳しくは未定        
 
 ○ 7月 情報交換:お勧めの本持ち寄り          
       ①1年間のお勧め
       ②「あなたの知らない 今どき○○の世界」
         恋愛小説、擬人化、ラノベ、ミステリーなど今どきの傾向

見学者 大歓迎です!
お問い合わせはこちらまで →gakuto_fukushima@yahoo.co.jp

学図研 全国大会(岡山大会)

okayamataikai

2017年8月6日~8日、岡山県岡山市で学図研の全国大会が行われました。

主な内容は、以下の通りです。

1 講演 都留文科大学教授の佐藤隆氏
   「子どもの問いに響き合う『深い疑問』を生み出す教育をつくる」

2 実践報告
 (1) 岡山の小学校司書と教員による 授業との連携
 (2) 鳥取県立高校司書による 「自ら考える」生徒を支援する図書館

3 8つの分科会(4時間ぶっとおしの講座)

4 9つのナイター(夜7時~9時の夜の講座)

5 資料販売 学図研の各支部の出版物やグッズ、企業ブースなど、情報の宝庫

6 交流会

7 オプショナルツアー 岡山市立中央小学校、岡山県立図書館

と、このように盛りだくさん!!
すばらしい大会でした。
詳しくは、学図研のHPをご覧下さい。

わが福島支部は、ナイターC「学校図書館版 男子のトリセツ」を担当しました。
レポーターが、自分の勤務する学校図書館で男子に読まれる本や利用の様子などについて報告し、
あとはワールドカフェ方式で参加者にテーマごとに意見を出し合ってもらいました。
「学図研にお客様はいない」といいますが、参加者の皆さんがそれぞれに意見を出してくださって、
模造紙いっぱいに話し合いの成果が残りました。
(今回は、テーブルいっぱいの模造紙に書いていく方式で行いました)

個人的には、実践報告をした2組の発表レベルがとてつもなくて、打ちのめされた思いです。
ものすご~く勉強になりました。

大会の様子は、年末に発行される機関誌「がくと」に収録されますので、
参加されなかった皆さんも、ぜひご覧ください。

レポーターのOTさん、本当にお疲れ様でした!


 ***連絡です***

学図研福島支部 次回の例会は 9月16日(土)を予定しています。
夜には食事をしながら「大人の読書会」をする予定です。(お酒もあり?)
課題図書の希望がありましたら、お知らせください。



5月研修旅行報告

5月27日・28日、学図研福島支部の5名で、宮城・盛岡の図書館や書店を見学してきました。

宮城県 多賀城市立図書館
tagajou
いわゆる「ツタヤ図書館」で、建物の約半分はスタバとファミリーマート、レストランが占めています。
図書館スペースも本棚や家具が豪華で、お洒落な空間でした。
たとえば、この写真のように書架の棚にLEDランプが仕込んであります。
本が日焼けたりしないのでしょうか?(日焼けしないLEDなのかな?)
レストランの食事も美味しく、BBQコーナーも完備されています。
羨ましいを通り越して「ズルイ!」と言いたくなる図書館でした。


紫波町立図書館
siwa
こちらは「町の未来をこの手でつくる」(猪谷千香著、幻冬社)でも有名な、岩手県紫波町のオガール紫波にある図書館です。
2016年度のLibrary of the yearを受賞しました。
お金はあまりかかっていないようですし、それほど広くもありません。
でも、身の丈に合った自分たちの町の文化を作っていこうとする街づくりコンセプトにぴたりとはまる図書館です。
力のある司書が運営していると、一目でわかる図書館でした。
館長さんが気さくでお話上手な方で、図書館について熱く語ってくださいました。

宿泊は、図書館むかいの「オガール・イン」へ。
スポーツ合宿向けの施設で、一泊なんと3000円で美味しい手作りバイキング朝食付きです。
オガール広場にたくさんの人たちが集まって青空ヨガをしたり、産直に買い物に来たり、
フリースペースで思い思いの店を開いたりしていて、とても活気のある素敵なところでした。


さわや書店
sawaya
盛岡市の駅ビル「フェザン」にある書店です。
1階は、あの「文庫X」を売り出した名物店長の店で、POPがこの通りのすさまじさ!
本を売るぞ!という気概に満ちた店内でした。
田口幹人店長の書いた「まちの本屋」も、とっても熱い本です。

このほか、岩手県立図書館など、計5か所の図書館と2か所の書店を見てまいりました。
新しい図書館は、蔵書検索がタブレットになっていたり、自動貸し出しは当たり前になっていたり
「キッズ・バリスタ」「大人の食育」なんてお洒落なイベントを開いたりして
その新しさに思わずわくわくさせられます。
図書館作りにも、新しい風が吹いています。
どんどん更新していかなくてはとの思いを新たにした研修旅行でした。
(文責O)

5月の支部会はオガール紫波

こんにちは、Oです。
学図研福島支部の5月の研修が決まりました。
5月27日、岩手県紫波町の「オガール紫波」です。
 
 こちら → オガール紫波公式サイト

公共図書館を組み込んだ町おこしをしていることを知って興味をもっていましたが
「町の未来をこの手でつくる 紫波町オガールプロジェクト」(猪谷千香著、幻冬社、2016)を読んで
ますます行きたくなりました。
オガール・インにも泊まる予定なので、楽しみです。


学図研の全国大会の方は、今年は岡山で8月に行われます。
岡山県は、学校図書館の先進県で、力のある司書たちが堅実なお仕事をされていらっしゃいます。
また、岡山県立図書館は来館者数日本一を誇る公共図書館です。
しっかり勉強してきたいと思います。



プロフィール

gakutokenfukushima

Author:gakutokenfukushima
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR